認証プログラム

森林

繊維

パームオイル

農業

  • Globalgap認証
    Tesco Nature's Choice(TNC)

有機農業

  • EU Organic(EEC Regulation Nos. 834/2007 and 889/2008)
  • 有機JAS(日本以外の各国)
  • USDA/NOP
  • AB(France)
  • Bio Suisse Inspection
  • Naturland Inspections
    BRC(British Retail Consortium)
  • コーヒー
  • UTZ CERTIFIED Coffee
  • Starbucks(C.A.F.E.)

食品

  • HACCP(食品)
  • ISO 22000:2005(食品)
  • VVAK(Netherland)(食品)

ISO 

  • ISO 9001

水産 

Organic Content Standard認証

 

 

OCS認証には、OCS Blended/100 の2種類の基準があります。

OCS Blendedには5%以上95%未満のオーガニック原料、OCS 100には95~100%のオーガニック原料を含む製品(食品を除く)が該当します。
認証製品としてロゴをつけて販売するには、原綿から認証製品ができるまでのすべての工程(工場や加工所や倉庫)において認証の取得が必要となります。

OCS認証では主に以下の事項が要求され、最終製品には認証製品であることを示すロゴマークをつけることができます。

■有機製造方法に関するEUの(EEC)規則に従った有機農法の認証を受けた原綿 を使用している
■あるいは、アメリカのUSDA/NOP(米農務省/ナショナル・オーガニック・プログラム)認証を受けた原綿を使用している
■オーガニックコットンがOCS Blendedの場合5%以上、OCS 100の場合95%以上含まれている
■トレーサビリティー(生産履歴の追跡可能性)が保たれる
■これらの認証は、原綿や製品単位に対するものではなく、工場や加工所において認証製品を取り扱う管理体制が整っているかを審査する

 

ロゴの使用について

認証製品であることを示すロゴマークは、原則として認証取得企業様にのみご使用いただけます。

ロゴの付いた最終認証製品を販売される企業様で、広告宣伝用にロゴをご利用になられる際にはTextile Exchange(http://textileexchange.org/)までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

製品のトレーサビリティーについて

原綿から認証製品が完成するまでに、製品は通常いくつかの工場や加工所を経て作られます。
原綿や各工程における出荷時にTransaction Certificate(以下TC)を出荷量単位で発行しているため、認証製品を入荷される企業様自身によって入荷した製品が認証製品であるかどうかの確認をTCによってその都度行なっていただけます。

認証取得のメリット

第3者認証機関による審査・認証を受けることにより、製品のより確かな信頼性を確保していることを消費者にアピールできます。また、製品を出荷いただく際に企業様のScope Certificate (範囲認証書)とは別に、各製品に対するTCを製品出荷ごとに弊社より発行させていただくため、出荷いただく製品が認証製品であることを販売先へ明確に示すことが可能となります。