認証プログラム

森林

繊維

パームオイル

農業

  • Globalgap認証
    Tesco Nature's Choice(TNC)

有機農業

  • EU Organic(EEC Regulation Nos. 834/2007 and 889/2008)
  • 有機JAS(日本以外の各国)
  • USDA/NOP
  • AB(France)
  • Bio Suisse Inspection
  • Naturland Inspections
    BRC(British Retail Consortium)
  • コーヒー
  • UTZ CERTIFIED Coffee
  • Starbucks(C.A.F.E.)

食品

  • HACCP(食品)
  • ISO 22000:2005(食品)
  • VVAK(Netherland)(食品)

ISO 

  • ISO 9001

水産 

ASC(Aquaculture Stewardship Council)認証

 

 

水産養殖管理協議会(ASC:Aquaculture Stewardship Council)

養殖は天然漁業への圧迫を減らしつつ、世界の需要を満たすことが可能です。養殖は適切に管理することで様々な悪影響を防ぐことができます。養殖産業の成長が急速であればあるほど、環境や地元コミュニティーに与える影響が大きくなります。養殖の適正管理を推進すれば、環境や社会に与える影響を軽減しつつ、高まる水産物の需要を満たすことができます。

ASC認証には養殖場認証と加工・流通過程の管理の認証(Chain of Custody - CoC認証)があります。

Control Union Japanは認定された認証機関であるControl Union Certificationsの認証サービスを推進しています。

 

ASC 養殖場認証

ASC基準は、以下のような分野で審査が行われます。

1.法的適合性(法令順守、営業権) 

2.自然環境と生物多様性の保護

3.水資源の保護

4.種の多様性と天然魚の個体群の保護(天然魚にとって脅威となる養殖魚の脱走防止など。)

5.動物用飼料や他の資源の責任ある使用

6.動物の健康(抗生物質や薬剤の不必要な使用の禁止)

7.社会的責任(児童労働の禁止、労働者の健康と安全、集会の自由、コミュニティーとの良好な関係など)

 

ASC CoC認証

認証水産物は、CoC認証によりサプライチェーン全体に渡り追跡されます。サプライチェーンの中で認証水産物を取り扱う全ての事業者は、有効なCoC認証を所持していなければなりません。その認証を所持していれば、水産物にASCロゴを付けることができます。CoC認証を取得するには、サプライチェーンの中の各事業者が厳格な要件を満たし、さらに非認証水産物の混入や偽装が生じないようにトレーサビリティー・システムを確立している必要があります。これにより、その水産物が責任ある養殖に関するASCの確かな基準を満たして生産されたものであることが保証されます。