認証プログラム

森林

繊維

パームオイル

農業

  • Globalgap認証
    Tesco Nature's Choice(TNC)

有機農業

  • EU Organic(EEC Regulation Nos. 834/2007 and 889/2008)
  • 有機JAS(日本以外の各国)
  • USDA/NOP
  • AB(France)
  • Bio Suisse Inspection
  • Naturland Inspections
    BRC(British Retail Consortium)
  • コーヒー
  • UTZ CERTIFIED Coffee
  • Starbucks(C.A.F.E.)

食品

  • HACCP(食品)
  • ISO 22000:2005(食品)
  • VVAK(Netherland)(食品)

ISO 

  • ISO 9001

水産 

PEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)認証

 

 

PEFC評議会は1999年にパリで11カ国の代表者により会議が開催され設立されました。

設立時はPan European Forest Certification (汎ヨーロッパ森林認証)と呼ばれていましたが、ヨーロッパ以外への拡大が広まったため2003年11月の総会において、現在のProgramme for the Endorsement of Forest Certification Schemes (PEFC森林認証プログラム) に正式名称を変更しました。PEFC評議会は本部をスイスのジュネーブに置いています。

PEFCでは政府間プロセスと呼ばれる持続可能な森林管理のための基準を採用し、各国で策定された森林管理基準との相互承認を進めています。森林の種類や規模、森林所有者や原住民との関係等の背景は各国によって多種多様です。各国ではそれらを考慮した独自の森林管理基準を策定し運用していますが、その基準を国際基準に適合させる(相互承認)システムとなっています。

PEFCとの相互承認を得るためには、PEFC評議会に申請し様々な厳しい審査を受けなくてはなりません。PEFCは世界各国から34カ国の森林認証制度がメンバーとて参加しており、その内27カ国が相互承認済みとなっています(2009年6月現在)。認証森林面積は約2億Haで、世界最大の森林認証制度となっています。(2009年6月現在)


(Control Union Certifications はPEFC CoC認証に関して認定された認証機関です。)

 

PEFC CoC認証

CoC (Chain of Custody) 認証とは、製造・加工・流通過程における認証制度です。CoC認証の要求事項はPEFC評議会により定められており、PEFCの認証材を使用して作られた木材由来の製品を取り扱う各工程でCoC認証の要求事項に満たしているかを認証する制度です。最終製品ができるまでの各工程で認証を取得することにより、森林から最終製品までの全工程を管理の連鎖(Chain of Custody)が繋がり、製品の追跡を可能とします。また認証を取得することで製品にPEFCロゴを付けることができ、他の製品との差別化を図ることができます。

要求事項にはPEFCの認証製品を他の製品と各工程でいかに識別するか、販売等の関連する記録の保持、作業を行う人員へのトレーニング等が求められています。

2006年4月1日に改正されたグリーン購入法により、PEFC製品は木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明方法の一つとなっています。