認証プログラム

森林

繊維

パームオイル

農業

  • Globalgap認証
    Tesco Nature's Choice(TNC)

有機農業

  • EU Organic(EEC Regulation Nos. 834/2007 and 889/2008)
  • 有機JAS(日本以外の各国)
  • USDA/NOP
  • AB(France)
  • Bio Suisse Inspection
  • Naturland Inspections
    BRC(British Retail Consortium)
  • コーヒー
  • UTZ CERTIFIED Coffee
  • Starbucks(C.A.F.E.)

食品

  • HACCP(食品)
  • ISO 22000:2005(食品)
  • VVAK(Netherland)(食品)

ISO 

  • ISO 9001

水産 

RSPO SCCS認証(パーム油)

 

 

RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)は、サプライチェーンとステークホルダー間での開かれた対話による協力を通し、持続可能なパーム油の成長と使用を促進することを主な目的とした、世界規模のマルチステークホルダーイニシアチブです。多数の日本企業も、メンバーとして加盟しています。

RSPO認証の基準や方針はRSPO本部により策定されますが、RSPOは直接、審査・認証業務は行いません。RSPOに認定された認証機関がRSPOの基準等を基に審査・認証を行います。Control Union Certificationsも認定された認証機関のひとつです。

RSPO認証には農園の認証と製造・加工・流通過程の管理の認証(持続可能なパーム油の原料調達認証:SCCS認証)があります。

RSPOの原則・基準に基づくミル及びプランテーションの認証

ミルおよびプランテーションの審査・認証は、下記のような原則・基準・観点で最低3人の審査員によって実施されます。

  • 8つの原則と56の基準(RSPO Principles and Criteria)
  • 社会的観点
  • 環境的観点
  • 経済的観点

RSPO SCCS認証(持続可能なパーム油の原料調達認証)

RSPO SCCS認証とは、製造・加工・流通過程における認証制度です。認証されたパーム油(Certified Palm Oil)を使用して作られた製品を取り扱う各工程でSCCS認証の要求事項に満たしているかを認証する制度です。最終製品が出来上がるまでの各工程でSCCS認証製品の所有権を持つ組織は認証取得の対象となります。

最終製品ができるまでの各工程で認証を取得することにより、プランテーションから最終製品までの全工程を管理の連鎖が繋がり、製品の追跡を可能とします。また認証を取得することで製品にRSPOロゴを付けることができ、他の製品との差別化を図ることができます。

日本企業に対しても、調達に対する責任を求める機運が徐々に高まりつつあり、原料調達の健全性を客観的に担保、保障手段する手段として、RSPO SCCS認証は世界で採用されてきています。